FC2ブログ

猫のひげ

日記ですが・・・何か?

春はまだか。。

Posted by 銀猫のあ~にゃ on   0 comments   0 trackback

昨日まで吹雪いていた空も
今日になってやっと晴れて
春の兆しが少しですが感じられました。
でも明日からまた天気が悪いみたい。。
こんなに春が来るのが遅いと
なんだか・・・気が滅入ります。


アホっちょ息子もなんとか進級出来るみたいです。(笑)
3学期の試験で、なんとか留年はまぬがれたみたいなんだけど
どういうワケか、3学期が終わるまではもしかしたら
先生に突然「オマエは留年だ!!」と言われるんじゃないかと
内心ビクビクしてたみたいでした。(笑)
まったく・・・アホか。(苦笑)
そんなわけ無いじゃん。
何の予告も理由なしに突然言われるなんて・・・ありえないでしょ。(笑)

去年の10月頃から
このアホっちょ息子の進路についてずっと悩んでおりました。
なんせ・・・成績もパッとしないアホっちょ息子
大学も入れる程度のところは
卒業してから就職がほとんど無いし。。
どうやったらきちんと仕事に就き、生きていけるのか。。。
普通の会社員が勤まるとは到底思えないし・・・
ましてや営業なんてできるわけもなく。。
これはなんとしてでも何か資格をとらせて
その仕事で生きていくしかない。。。
それで資格の取れる専門学校に進もうと思ってますが
それも中々の狭き門で。。
たとえ入っても、今度は金銭的にかなり辛い。

・・・・・・。

でも、お金が無いなんて言ってられないか。
なんせ男の子は一生がかかってるんだから
(女の子だって一生がかかってるけどさ・・・)

はぁ~~ぁぁぁ~


春は 遠いにゃ~~

スポンサーサイト



うひゃははぁ~・・・

Posted by 銀猫のあ~にゃ on   6 comments   0 trackback

あの~・・・
長女の就職なんですが~
だめでした~~(^o^)v
ちょっとビックリでしたが
私は一人、密かに喜んでおります。(笑)

パレード

Posted by 銀猫のあ~にゃ on   0 comments   0 trackback

仕事の集まりをさぼって、映画を見てきました。
札幌ではオフィースビルの一角に入っている小さな映画館
一ヶ所でしかやってなかったんだけど・・・
でもかえって小さいおかげで、凄く集中して見ることが出来ました。
いい映画館かも~・・・って
褒めるのは映画館かい!(笑)

パレード


監督・脚本:行定勲
原作:吉田修一
キャスト:藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林遣都、小出恵介 他

都会で共同生活をする男女4人。
几帳面で健康お宅の会社員・直輝
自称イラストレーターの未来
無職で恋愛依存症の琴美
先輩の彼女に恋してる大学生の良介
それぞれが不安感や焦燥感を持ちながらも
本当の自分を装うことで優しく怠惰に続く共同生活。
そこに男娼のサトルが加わり、町では凶悪な女性暴行事件が
連続して起こり始めた。
穏やかだった日常が歪み始め、やがては思いも寄らない結末が
彼らに訪れる・・・。


あの~~・・・
原作読んでないので・・・
いや、年のせいかな・・・
ちょっと理解できないところが多かった。(笑)
いや、理解できないことだらけ。(爆)

矛盾しているんだなぁ~・・・
何もかも。。
共同生活はちょっとここち良さそうな気もするんだけど・・・
現実的には無理・・・だよ。
だって出てくる人たちも、人柄が何となく良さそうでキライになれないけど
恐ろしく利己主義だし。。

物語の冒頭から出てくる暴行事件の犯人がこの中にいるのは
初めから見え見えなんだけど・・・
そこに至る犯人の葛藤や動機が希薄で
また、それに対する同居人達の反応も人としてどうよ・・・って言う感じだし。。
だから、都会に住む若者の人間関係が、現代に潜む闇がが、怖いって話しなのか。。

私、人間そこまで他人に無関心ではいられないと思う。
たとえ、どうにも出来ないことでも、もっとまともに不快感を持つし
心配もするし、罪悪感も感じるし、抜けだそうともする。
もっともっと、もがくはずだもん。
ぶつかり合うことを避けて表面的につくろって流れていく時間は
一見心地よさそうではあるけど、そう長くは続かない。
必ず破綻すると思う。

なんて・・・何言ってるかわかんかいね。これじゃ。(笑)

映画見終わったあとも、こうしてずっといろいろと考えてしまうのは
衝撃的な作品だったからなのかしら。

出ている俳優さん達、みなさんステキで演技も素晴らしくて
見事にこの映画の不気味さを描き出してました。
監督が良かったのかなぁ~?
やっぱり・・・良くわかんない。(笑)